鶏のから揚げねぎソース すげー簡単で助かります!

おうちごはん

こんにちはOTOSANです。

今日はヨシケイのクイックダイニングコースの鶏のから揚げです。

クイックダイニングコース

忙しい人向けのクイックダイニングコース。

手作り+調理済アイテムの10~15分のスピードクッキング

ということで、各日、1品手作り+1品調理済み、という感じのメニューになっていて、全部調理済みじゃないので「私作っていますよ」というプライド(?)のようなものも守れる内容になっています^^;👍

メニューを見てみます。「10分メニュー」と表示があって、

  • 鶏のから揚げねぎソース
  • ごまみそ水餃子スープ

という2品になっていて、鶏のから揚げねぎソースのほうが調理済みの冷凍のようです。

メインディッシュが調理済みなのは助かります。

大切なメインのおかずの味に間違いがないからです。

写真右のほうのメニューです

材料を取ってくる

玄関に置いた宅配ボックスに配達された断熱箱をキッチンに持ってきます。

ていねいに箱詰めされた材料を出して並べてみます。

から揚げがたれ付きで冷凍のパックになっていて、水餃子もついてきました。

見たところ、包丁を使わないで調理できそうです♪

鶏のから揚げのパックをよく見てみます。

たれとかパプリカのみじん切りとかが見えて、そのまま温めたら綺麗に完成!というように見えます♪

小袋を出して見てみます。

  • 白ごま
  • ピーナッツ(くだいてから揚げにかける用)
  • きくらげ

がはいってきました。

今回のように、ヨシケイについてくる調味料は、白ごまはついてきますが、ほかに普通に一般の家にありそうなものは自分で用意です。たとえばヨシケイについてこない自分で用意のものは、

自分で用意のもの

  • さとう、塩、こしょう、しょうゆ、みそ、みりん、酢、バター、ラー油、ごま油、オリーブ油、ソース、マヨネーズ、ケチャップなどの基本の調味料のほか、
  • チューブのしょうがやにんにくはついてきません。
  • そのほか、顆粒の和風だし、鶏がらスープの素、コンソメスープの素、ポン酢しょうゆ、小麦粉、片栗粉など

などかなと思います。メニューによっては必要になるカレー粉とか粉チーズとか、特製の和風液体調味料などはついてきます。サラダに使うドレッシングはついてくる時とついてこない時があります。

しょうがやにんにくは、手作りのコースでは生のしょうがやにんにくが必要な大きさ届いてスライスしたりして調理します。

鶏がらスープの素なども用意しておく。持っていることで、スープとかナムルとか簡単に作れるので自分で作る料理にも幅ができると思います

調理開始

今回は3人用を4人で食べます。

まず湯せんするお湯を沸かします。

同時に、あらかじめ吸水させておいたお米を火にかけて炊飯を始めます。

うちでは土鍋でご飯を炊いています。

きくらげをぬるま湯でもどしておきます。

お湯が沸いたので鶏のから揚げをパックごと湯せんにかけておきます。

鶏のから揚げの湯せんが終わったので、鍋をさっと洗ってごまみそ水餃子スープの調理に入ります。

水に鶏がらスープの素を入れて煮立てます。

煮立ったら、水餃子、もやし、戻したきくらげを入れて煮ます。

切る材料がないので、ドドドドドドドドドッと簡単、どんどん入れていきます。

手が空いたこのタイミングで葉野菜をちぎっておきます。

ごまみそ水餃子スープに火が通ったら、みそ、ごま油、こしょうを入れて、ちょっとラー油を入れます。

お皿に入れて、ごまみそ水餃子スープの完成です!

鶏のから揚げねぎソースとちぎった葉野菜をお皿に乗せて、砕いたピーナッツを散らして、鶏のから揚げねぎソースの完成です!♪

赤い色のパプリカがいい感じにお皿の上を綺麗な色合いにしてくれています。

炊けたご飯もチェックします。

うちでは雑穀を混ぜて炊いています。

お焦げは?。。。多すぎず焦げすぎずでいい感じです👍

ではでは、鶏のから揚げねぎソース、いただきます!

盛り付けてお皿並べたら結構綺麗だなと自分で感動。

今回はクイックダイニングコースでホント簡単でした。

今回の調理は包丁を全く使わなくてよくて作業の内容は要するに、

  1. 湯せんしてから揚げ完成♪
  2. スープに材料をドドドドドドドドドッと入れて煮て完成♪

ということだったんですよね。省略しすぎ?

ですが作っていてそんな感覚です。

にもかかわらずお皿を並べたら結構綺麗でした。

簡単にとか栄養だけじゃなく(それだけでもすごいけど)、完成した時の見た目の綺麗さも考えてあって、こんなにすげー簡単なのに完成品のクオリティが高いことに感謝しつつごちそうさまでした!♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました