注目物件大量公開!10月完成予定新築戸建てJR発寒中央駅やや近アクセスが4軒も!(発寒4-1、発寒7-5)

不動産チラシ来た

こんにち✋

今回は発寒中央地区の建売住宅4軒のチラシが来ましたので、これで妄想しちゃおうかと思います。

久しぶりに住宅販売のチラシがきて発寒中央あたりの新築がたっぷり書いてあって、ちょっとワクワクしちゃっています(笑)

発寒4条1丁目(発寒5条2丁目かな?)が3軒、発寒7条5丁目が1軒です。両者ともJR発寒中央駅まで徒歩7分といったところでやや近くてちょっと貴重です。

発寒中央駅周辺は両隣の駅の琴似駅・発寒駅あたりに比べて周囲にマンションが少なくて圧迫感があまりなくて、戸建て住宅で暮らすのに現状ほんといいなと思っています。それに発寒中央駅は琴似駅までの駅間がすごく近くて、琴似駅まで徒歩でも15分、車だと5分もあれば十分に行けるし、電車に乗ったら体感で一瞬。琴似駅向かいのイトーヨーカドーの立体駐車場は買わなくても2時間無料で便利。琴似なら必要なものはだいたいそろうので、ショッピングに琴似にふらっと行っちゃいます。琴似なのでもちろん飲食店やカラオケなどもあります。駅前にツルハもあります。僕はJR琴似駅のすぐ隣にある百均のキャン★ドゥによく行きます♪最近はこだわりパンのお店が増えている印象も?!

家を持って住むのならマンション少なめで景観のいい静かな場所(三角山も手稲山も見えるんですよ)。けど必要なときにすぐそばの琴似あたりにふらっと徒歩でお出かけできる発寒中央あたりが、じつは贅沢なんじゃないかな、と思っています。

JR琴似駅(右手)とその周辺。正面と右上には駅直結の40階建て以上ある超高層タワーマンションも見えています
JR発寒駅(正面)とその周辺。駅の左右奥寄りにはマンション群が見えます。また、裏手は鉄工団地で鉄工関連工場のほかアスファルト再生プラント、アスファルト堆積場などが広がる
JR発寒中央駅(左手)とその周辺。低層の建物の商店街と住宅街からなり2~4階建ての建物が多く、空が広がって見える。(ような気がする) 琴似駅と発寒駅の間にあってこの景観は「穴場」(と思います) JRで琴似駅まで体感一瞬、札幌駅に10分程度で行ける

さて、家のほうですが、発寒4-1、発寒7-5の両者とも3階建て。両者とも完成予定が10月なので今ならチャンスがありそうです。ただ、価格は「未定」となっています汗

価格は、壁材とか内装とか設備とかまだないのでまだ本当に決定してないかもですが、この立地で面積で3階建てで、とか考えると、想像するに、4,500~5,500万円くらいしちゃうんじゃないかとは思います。家を持つのは大変です。。。

↑発寒4条1丁目のほう

↑発寒7条5丁目のほう

現地を見てきました

近所に住んでいますし、現地を実際に見てきました。

発寒4条1丁目

行ってみたらすでに建築工事が進んでいました。ここには並んで3棟が建つことになっています。

JRの線路沿いの三角の土地で角地にあって、見晴らしのいい土地です。JRの線路の敷地には当面、建物が建たないでしょうから眺めが悪くなることがなさそうでいいですね。

線路沿いの道はとても便利な道で、琴似・桑園方面へも手稲方面へも、ほぼ信号なしでスムーズに行けます。便利です。ただ逆に言うと自然に交通量が多めになっていて、加えて線路沿いなので車や電車の音が気になってしまう人はちょっと注意かもです。

立地は三角の土地で角地。写真右の道路が線路沿いの道

ですがやはり見晴らしがいいので捨てがたいです。住宅地の中でこの見晴らしは貴重と思います。写真中央には琴似駅横のタワマンも見えます。

JRの線路沿いの道から見た景色。右側の建築中の家が現地

僕の家に届いたチラシにはここに立つ予定の3軒の家のイメージの図が載っていて、外観がどんなふうになりそうかわかりますし、この家を販売する株式会社リッドの公式サイトには、間取りや詳しいことも公開されています。スタイリッシュなサイトで楽しいですしこの家のことがよくわかるので見てみてといいですよ。

ちなみに公式サイトによると3軒の土地建物の面積は、

  1. 土地:87.93㎡(約26.59坪)、建物:135.80㎡(約41.00坪)
  2. 土地:87.42㎡(約26.44坪)、建物:134.16㎡(約40.50坪)
  3. 土地:88.48㎡(約26.76坪)、建物:135.99㎡(約41.06坪)

となっていて、ややコンパクトな土地の中に建物面積40坪ほどの十分な間取りが取れている3階建てとなっています。車を停める駐車スペースがそれぞれ1台分、1階部分に配置されています。

チラシの下段の3軒が発寒4条1丁目の家

発寒7条5丁目

こちらの現地にも行ってきました。こちらも工事が進んでいて、基礎の工事をしているところでしょうか。

砂利にコンクリートのブロックのようなものを打ち込んでいる(埋めている?)ようです。

住宅地の中にあって隣は個人の家と葬儀屋さんです。

写真左側の赤いセイフティコーンのある工事中の場所が現地。正面突き当りの建物は市営住宅。

わりと敷地をめいっぱい使っての建築になりそう。お隣の土留めに使っちゃってるブロック積みが倒れてきそうでちょっと不安ですがこちらでできることはなさそうです。

個人住宅との隣接付近

葬儀屋さんに隣接のほうは、小さく化粧砂利がひかれた帯状のスペースに植栽がされています。

葬儀屋さんとの隣接付近。境界石標も見れますね。

いずれの境界にも境界石標は設置されていて境界が明確なようです。ぱっと見では明確に境界を越えて何か置かれている支障になるような物(越境している物件)もありませんでした。

赤まるのところに境界石標がありました

こちらもチラシに外観のイメージが載っていて、オシャレ。3階建て、1階部分に1台分の駐車スペースがあります。建物の間取りなどの詳しい情報が株式会社リッドの公式サイトにありますが、土地と建物の面積は、

土地:93.55㎡(約28.29坪)
建物:157.14㎡(約47.43坪)

となっていて、こちらはさきほどの発寒4条1丁目の3軒よりも建物面積がやや広めでゆったりとしたものになっています。建築の建ぺい率60%ほどかなと思い、土地をいっぱいいっぱい使っている感じがします。札幌市のサイトによると、ここは土地が準住居地域と第一種住居地域とをまたいでいそうな土地で、建ぺい率の制限が60%となっていますので、土地の制限いっぱいに建築面積を取ってできるだけ広い家を建てる設計になっている感じかもと思います。

4軒とも発寒中央駅にやや近でいいですし、発寒4条1丁目のほうは見晴らしも、発寒7条5丁目のほうは間取りがゆったり。価格は現在未定のようですが4,500~5,000万円はしてしまうかもと思います。ですが条件がよく、人気が見込まれる物件と思います。

ふう、家のことを考えて妄想するの楽しいです。それでは今回はこのくらいで✋

コメント

タイトルとURLをコピーしました